歯のホワイトニングと審美歯科(Esthetic Dentistry)


■歯の着色・変色
歯並びに関しては他のサイトに譲るとして、ここでは白く輝くきれいな歯について説明します。

歯の変色や黄ばみ、汚れは、歯科治療によって白く美しい歯にすることができます。その内容、原因に応じて処置の方法が異なります。

before & after

 

▼歯の着色、変色には外因性と内因性の二種類の原因があります
1)外因性(外からの汚れ)・・・食品の色素や茶しぶ、タバコのヤニなど、汚れの付着による着色、変色
2)内因性(内からの汚れ)・・・加齢、歯の外傷、体質、薬物の服用などによる着色、変色

 

▼さまざまなホワイトニングの方法

 

着色した歯や変色した歯を、白く自然な状態にするためには、以下のような処置を行います。

 

器械的クリーニング:

 

 

の汚れを専用ペーストと器械で磨いて取り除きます定期的な専門家による器械的な歯のクリーニング(Professional Mechanical Teeth Cleaning =PMTC)は、歯がきれいになるだけではなく、虫歯や歯周病の発生を高率的に予防することができます。

 

ブリーチング(漂白):

 

 

 

歯の漂白剤(過酸化尿素、過酸化水素)を用いて、外因性および内因性の変色した歯を白くします。診療室で短時間に行うオフィスブリーチング(パワーブリーチング)と、個人用の歯のトレイを作り、家庭で数週間かけて行うホームブリーチングがあります。オフィスブリーチングとホームブリーチングを併用して効果的に漂白を行うのが一般的です。またオフィスブリーチングの際には、レーザーを併用して効果を促進することもあります。

 

 樹脂によるボンディング:

 

 

内因性による変色で、ブリーチングだけでは漂白しきれない場合に、歯の表面に合成樹脂によるコーティングを行います。普通は歯を削ることはありません。 合成樹脂は経年的に変色したり汚れてきますので、定期的に研磨や再ボンディングを行う必要があります。

 

セラミック・ラミネートベニア:

 

歯のごく表面を薄く削り、シェル状の薄いセラミック片を貼りつけます。 セラミックは歯に似た自然な色とつやがあり、恒久的に変色することはありません。軽度の歯並びの不正を修正することもできます。

 

セラミック・インレー: 虫歯の部分を削り、型取りをしてセラミックで修復します。奥歯の中等度の虫歯の修復に用います。

 

セラミック冠:

 

 

歯の全周を削り、金属にセラミックを焼き付けた歯をかぶせます。変色の激しい場合のみならず、大きな虫歯の修復にも用います。