Golden Gate Bridgeを越えて 

San Francisco 08/21/2007

スゴイ君、イトウさん、サトコジ先生とICOIの学会の為にサンフランシスコに来ました。

空港についてホテルに荷物を突っ込み、すぐにバイクを借りてサイクリング。

ここで自転車に乗るのは、スゴイ君は3度目、僕は2度目、イトウさんとサトコジ先生は初めてです。

サトコジ先生は、ママチャリ以外に乗ったこともなく、サイクリングすら初めてです。

*この1ヵ月後、サトコジ先生は日本でピナレロのロードレーサーを購入し、本格的なサイクリストになりました。

ちなみにサトコジ先生は昨年、日本では一度もプロ野球を観戦したことがないのに、LAで二度もドジャースタジアムに通った人です。何でも海外デビューする、元気なおぢさんなんです。

自転車が身体に合わないのか、サンフランシスコの空気が合わないのか、イトウさんもサトコジ先生もなかなか前に進みません。特に坂道では(笑)

 

ゴールデンゲートブリッジを背景に記念写真。これからあの橋を渡ります。

その前に激坂を登らねばなりません。フフフ・・・

激坂を登りきった後姿。

橋の上は、心地よい風とナイスビューで最高のサイクリング!

けっこう観光客やサイクリストが多くて時々バイクから下りて歩きます。いつでも、どこでもマナーの良いサイクリストでありたい。

橋から眺めるサンフランシスコ湾は、とても美しい。

アルカトラス島や、対岸のベイブリッジなど・・・

対岸のサウサリートからサンフランシスコの町を眺めた。

サウサリートの街。

対岸のサンフランシスコの摩天楼。

サウサリートは、ちょっとスノヴなおしゃれな街だ。

おしゃれなサイクリストは、アイスクリームで捕食。

ふたたびバイクに乗ってサンフランシスコ湾に突き出た半島の先端、ティブロンを目指す。

晴れ渡るカリフォルニアの青空と乾いた空気。サイクリングにはこれ以上の気候はない。

もうすぐ目的地のティブロン。40Kmくらい走ったかな?

およそ4時間かけてティブロンに着きました。

ティブロンとはスペイン語で鮫を意味します。途中で道を聞いたときに地元のおぢさんが教えてくれました。

ティブロンからサンフランシスコへはフェリーで戻ります。ここを目標にサンフランシスコから来たサイクリストが大勢いました。

このフェリーに乗ってサンフランシスコに帰ります。

船上のふたり。

船上の三人。

夕方になって冷え込んでセーターやジャケットを着込んでいます。

アルカトラス島

フェリー到着のピア41。

到着後我々は、フィッシャーマンズワーフでシーフードの晩餐。サンフランシスコ到着第一日目は、あっという間に過ぎました。