スーパーデンティスト(超歯医者)をさがせ!

歯医者選びほど難しいものはない・・・


 


◆歯医者選びはロシアン・ルーレット?

 犬も歩けば棒に当たるが、石を投げれば歯医者に当たる。近頃では、ラーメン屋の看板と同じくらいそこいら中に歯科医院の看板がみられます。ラーメンだったら、「昨日は珍満軒でタンメンを食ったから、今日の昼飯は、ダルマ屋のみそチャーシューにしようかな」などとそのときの気分で渡り歩くことがありますが、「先週はウマ歯科医院で前歯をつめてもらったから、今度は右下の奥歯をイノ歯科クリニックでかぶせてもらおう。いや、カモ歯科医院なら歯科衛生士が可愛いからあそこで歯石を取ってもらおう…」などということはあまり聞きません。

 ラーメン屋だったら、店の前まで行って混んでいるからといって別の店に流れることも簡単ですが、歯医者の場合は「こりゃヤバイぞ」と思っても簡単にその場からは逃げ出せません。だいいち行き当たりばったりで入った医院ですぐに診てもらえることは少なく(すぐに「どうぞ」といわれれば逆に怖い気もします)、たいていはあらかじめ予約を入れることが多いものです。

 いざ、歯医者に行こうと思ったときに「どこにいけばいいのだろう」と悩むことが多いと思います。痛みなく治療をしてくれる歯医者がいい。治療費は安く、なるべく通う回数は少ないのがいい。医院は清潔でアシスタントの女性は美人がいい…等々。理想の歯科医院が頭の中に浮かんできますが、歯科医院の看板には「無痛!5000円ぽっきり!!」とか「超ミニのピチピチ衛生士があなたのお相手!」などということが書いてあるわけでもなく(書いてあっても真に受ける人はいないと思いますが)、外からはその中身というのがよくわからない場合がほとんどです。

 はじめての歯科医院に行って、「ここに来てよかった」と思う場合と、「なんか失敗したかな」と感じてしまうのは、まるでロシアン・ルーレットにも似ています。歯医者通いとは、そんなものでよいのでしょうか。

◆名医

 自分の体をあずけるのですから、歯の治療は「名医」にしてもらいたいと考えるのは当然です。「メーイ」とひとくちでいっても、昔から良くいわれる患者さんにとって迷惑な「迷医」や、夜の歓楽街で帝王ぶりを発揮しているちょっと怪しい「謎医」、テレビなどマスコミで有名になって治療費も馬鹿高いブランドものの「銘医」などさまざまいます。

 世の中は広いので、心優しい人もいれば、少しつき合いにくい人もいます。この国にも、あなたの住む町にも、治療の技術だけでなく人間的にも魅力のある歯科医はきっと多いはずです。歯科医院なんてできることなら行きたくない場所ですが、そこに行けばホッとするような安心できる歯科医院もあるはずです。

 腕も良くて人柄もいい。診療室もきれいで、アシスタントも優しくて気が利く。歯が痛くなくても、いろいろ相談したり、ちょっと行ってみたくなるような超歯医者、スーパーデンティスト(Super Dentist)。そんな歯医者をあなたは知っていますか?


 

高木幸人・著「スーパーデンティストをさがせ!」

”歯医者選びのガイドブック”ということになっていますが、著者の高木幸人が歯科医として日頃感じていること、思っていることなどをエッセーとしてまとめたものです。

新書版 256頁 ¥950 <ISBN4-7745-0055-0>

現代書林

 

絶版です。近いうちに改訂版を出す予定です。

◆スーパーデンティストに巡り会うために・・・

 いま、歯の健康を損なっている人や、歯の健康に興味のある人が、スーパーデンティストに巡り会えるためにこの本を書きました。歯科医院できちんと診てもらうためには、「先生にすべてまかせます」ではうまくいきません。この本ではいろいろな立場の人たちに、レストランでメニューを読んで注文ができるように、歯医者に行ったときに自分の意志で診療を依頼できるような知識と情報を提供します。良い歯医者に巡り会うには、賢く良い患者になることなのです。