顎関節症について

顎関節症とは?

症状として顎の関節やその周囲の筋肉などの痛みや、顎の関節の雑音(カクン、ザリザリなど)、口の開きづらさ・引っかかりなどを示す疾患です。

その副症状として頭痛やめまい、耳鳴り、肩こりなどを伴う場合もあります。

 

原因は?

     先天的な原因により生じた顎関節の形態の異常によるもの

     事故等の外傷により顎関節に異常を生じたもの

     食いしばり・歯ぎしりによるもの

     虫歯の放置や不適切な治療によるかみ合わせの異常により生じたもの

     ほおづえ・片噛みなどの悪い癖や木管楽器・バイオリン演奏によるもの 

     ストレスによる咬む筋肉の過緊張によるもの   など

 

診査方法は?

問診、視診、触診に加え、レントゲン写真を使ったエックス線診断、場合によってはМRIを用いた精密検査を必要とします。

 

治療法は?

     ほおづえ・片噛みなど原因となりうる癖・習慣の改善

     消炎鎮痛剤による薬物療法 …痛みの軽減をはかります。

     スプリント(マウスピース)療法 …顎関節を安静にし、かみ方を調整します。

     顎関節のストレッチ、運動療法 …痛みの軽減と、顎のスムーズな動きを目的とします。

     咬合の調整・再建 …かみ合わせのバランスを整え、顎関節への負担を軽減します。

     生活習慣の改善 …ストレスの軽減により咬む筋肉の緊張をやわらげます。

他に、顎関節の洗浄療法や内視鏡下での手術などがあります。

 

takagi dental net